「ランドセルは、どんな色を選んだらよいのか?」

ランドセル売場に行くと、色やデザインの多さにびっくりします。
男の子は黒、女の子は赤という時代は遠く昔の話ですね。
以前は、「人と違うと目立っちゃう?」「いじめられないか?」など、心配する時代もありましたが、今は個性を尊重する時代。小学校に行っても本当にたくさんの色のランドセルを背負った子どもたちを目にします。

 

女の子の購入した色は?
女の子の購入した色(2018年2月に調査)では、女の子はピンク24.7%、20.6%、18.0%、ブラウン18.0%、水色10.7%、その他10.7%と見事にバラバラです。

カラーが増えだしたのは、某大手量販店が、2001年に24色ランドセルを店頭で展開したのがきっかけでした。それまでは、女の子の用の主な色はピンクくらいでしたが、水色など、少しずつバリエーションが増えていきました。
その後、某有名子役の女の子がドラマで背負っていたブラウンのランドセルがきっかけで、ブラウンの人気が高まりました。
数年前から大人気ファンタジーアニメの効果によりパープルがブレイク。メタリックカラーやアイボリーなどのキラキラした色が登場。色だけでなく様々な刺繍、花柄やハートの型押しなど女の子がワクワクするデザインも増えました。
最近では、キラキラしたものとは逆に、クラシカルでオシャレなイメージのキャメルや大人っぽく深みのあるバーガンディなども人気が出ており、従来男の子色であった紺色を選ぶ女の子も増えています。

 

男の子の購入した色は?

男の子の購入した色(2018年2月に調査)では、が67.0%と2/3を占め、続いてが15.2%、が7.8%、ブラウンが1.9%、その他が5.2%というように女の子ほどのばらつきは無く、いまだに圧倒的にが人気です。

も、をベースとしたブラウンなどのステッチやラインが入ったコンビカラーに人気が集まっています。
数年前、某工房ランドセルメーカーがブランドイメージで出した濃いの革のランドセルが注目を集め、緑色人気に少しずつ火が付き始めています。光の加減で黒く見えたり鮮やかに見えたり、大人っぽくちょっと個性を出せる感じが人気の秘密です。
男の子用も女の子用ほどではないですが、これから少しずつバリエーションが広がっていくと思います。

 

きっとこれからの時代は、男の子は、女の子はという固定観念がなくなり、ランドセルでも多様化の時代になってくるでしょう。
キラキラした可愛い色のランドセルを選ぶのもよし。落ち着いた大人っぽい色のランドセルを選ぶのもよし。
ぜひ、親子でワクワク小学校生活を想像しながら楽しんでください。