購入するランドセルを最終的に決めたのは

ランドセル選びでのエピソード

まだまだ仮面ライダー大好きな男の子。どのランドセルがいいか選んでいると、駿太絶対これがいい!!と持ってきたのは、ピッカピカの光沢の赤!理由を聞くと赤レンジャーがカッコいいから。との理由。誘導に誘導を重ね、赤のステッチの入った黒のランドセルにしました!

早くランドセルを背負いたくて、早朝桜の木下でニコニコとお友達とお写真撮ってもらうのを待っていた!

初めからダークグリーンを希望していたので、割と選ぶのが楽でした。従姉妹と同じ工房のものがいいと言い、それをみながらニヤニヤしてました。

パープルが大好きな娘で、ランドセルは絶対パープルがいい!って言っていました。お店でもパープルばかり並べて悩んで決めて、とても喜んでました。

ワインレッド色が、あまりない色で、見てすぐに色が気に入り、しかもA4フラットファイルが入る大きさで、軽い。条件にピッタリなので、即決でした。色々見て回りましたが、実際見たほうが絶対よいです。

意外といまどきっぽくないデザイン選んだむすこ、パパさんセンスがうつったかな

娘は決断力が早く5分もしないうちに決まりました。お気に入りの色がすぐに見つかり良かったです。

親の好みと子供の好みは必ずしも一致しませんが、6年間使うのはあくまでも本人なので学校へ行く時に少しでも楽しい気持ちになればいいなと思って本人の好み(本人らしさ)を重視しました。今のランドセルはハート、リボン、キラキラ、チェックなど、女の子の好きそうなものがたくさん散りばめられているので本人も本当に嬉しそうで入学前に何度も家で背負ってイメトレしていました。(笑)

早く背負いたいと、毎日箱を開けては見てニヤニヤしていました。いつ使うと?と聞いては、まだかな~?と言っていたのが懐かしいです!実際背負ってみると、ランドセルにかくれる娘(笑)皆で大笑いでした!

子供は色重視で色で決めていました。ランドセル選びのときに背負って嬉しそうでした、3月にきて小学校に通うのを楽しみにしていました。

余り下調べしておらず、周りが買い始めて急いで展示会などに行った。もう予約が終了しているランドセルもすでにあった。

とにかくマーケットで人気のあるものの中から選び、色だけ本人に決めさせた。 試着して、とっても嬉しそうだったので思わず写真を撮り月次で作成しているフォトアルバムに掲載したところお礼を言ってくれました。

本人が白色のランドセルを希望し、真っ白が良い!とのことで、探しました。 白は人気があるらしく、百貨店などでは売り切れ、もしくはクリーム色だった為、このランドセルを見つけた時は大喜びでした。 自分の好きな様にデザインできる点も本人には嬉しかったらしく、自分だけのランドセル!とお気に入りです。

今の時代はランドセルもたくさんの色から選べるので息子が何色を選ぶのかドキドキしていたのですが、息子が選んだ色は黒!意外と普通で拍子抜けしましたが、シンプルな中にかっこよさもあるデザインだったので親子共に良いものを選んだと満足しています。

ラン活中4ヶ所ぐらいカバン屋さんを回りました。[br]最終的に刺繍など自分で選ぶタイプにしたので個性もありよかったです。

祖母とデパートに行き、いろんなランドセルを背負いました。ランドセルを背負った娘はとても嬉しそうでした。

ランドセルが届いてからは何度も予行練習といってランドセルを背負っていました。皮なのでメンテナンスが必要ですが、最近は自分でミツロウをヌリヌリメンテナンスをしています。

まずは娘の欲しい色を決めてもらい、ランドセル専門店に行ったところ、そこではオーダーメイドがあり、自分でデザインから中の革、名前まで選べて、仮にデザインを作ってもらって、他も見てみたらと他の百貨店も見に行きましたが、娘は自分で全てを選んだものがやはりいいと言うことで、オーダーの物に決めました。

決め手は本人が選んだからですが、男の子の好きなスポーツブランドだったので、大きくなっても気に入ったままでいられるかなぁと思い、気が変わらないうちに早めに購入しました笑。

娘はこげ茶色を希望していたので、色の不安はありませんでした。6年間飽きずに使えるデザインを、親娘で選びました。

百貨店に家族、ママ方のじいじばあばと購入しに行きました。事前にネットで検索し、娘が気に入ったデザインの水色のランドセルを店頭でしょわせてもらいました。しかし、時代の古い、私たち親、祖父母は水色よりも赤系統のランドセルが無難なのではないだろうかと、子供に他の色なども背負わせました。やさしい我が子はいろいろと試してくれました。私たちがあーでもないこーでもないと話しているのもつきあってくれました。が、突然大泣きしだし、自分はもともと気に入っていた水色のかわいいお花のデザインのものがいいのだ、と訴えてきました。その時、私たち親は間違いに気づきました。子供は6歳にしてきちんと自分の意見、気持ち強いものがあり、尊重すべきことであると気づかされました。今は交通安全の黄色カバーをつけていっていますが、来年二年生になったら、水色のランドセルで通うことが楽しみのようです。ランドセルとともに6年間大きく成長していくことを楽しみにしています。

地図が大好きな息子。ランドセルをあけるとそこには大好きな世界地図が!一目で気に入り、購入にいたりました。

何でもいいと言うかと思ったら、意外にステッチの色にこだわりがありました。お気に入りの緑でカッコいい!と喜んでいました。

ランドセル売り場で一目惚れして、このランドセルを選びました。[br]色も中のデザインもとても気に入って6年間大切に使っていきたいと思っています。

展示場へ行き、色も形も自分で選んだので、とても楽しみにしていました。家にランドセルが到着するまで何度かメールを頂き、また楽しみが増えていったようで、家に届いた時はとても喜んで早速背負っていました。

ラン活と言う言葉を知り、我が家とは無縁だと思っていたのですが、実際、ネットで調べると沢山の種類のランドセルがあり驚きました。娘は紫がいい!と言っていたのですが、私はどうしても昔からある赤を勧めて、赤いランドセルを見つけては背負わせて『似合う!お姉さんだねー』と、誉めてました。それから娘も赤色のランドセルに気持ちが移り、親子で気に入ったランドセルを見つけました。

一番真剣に選んだのは主人でした。

男の子はカッコいい感じのを選んで、仮面ライダーの装備みたいに楽しんで持ってくれています。

父方の祖父母からの入学祝いとして買っていただきました。本来の予算よりもオーバーしましたが、娘が気に入って選んだランドセルなので笑顔で良いよと言ってくださりました。キラキラ色の紫色のランドセルにビックリしていましたが!

何度も色々なお店に足を運びましたが、お気に入りのランドセルに出会えませんでした。妥協し購入を決めかけていた時、インターネットを閲覧していると、見たことの無い好みの色、納得するデザインのランドセルに出会えました。

たまたまお友達に会い、お友達とにキャッキャやりながら、決めた!と、言われ、お友達とお揃いのランドセルになりました。小学校は別々だけど、お揃いランドセルでがんばれるねと話してました

幼稚園年長さんになってすぐに届いたカタログに載っていた大きなリボンのついたランドセルをみて、娘は一目惚れ。他にもいろいろ見てみようと提案し、カタログや実際にも見に行きましたが、娘の意思は固かったのでそのランドセルに決めました。なかなか見ないデザイン、お友達にもかわいいと言われ、とても嬉しそうでした。

2月が誕生日なので、ランドセルの到着が重なり、お誕生日プレゼントだ!と思っていた様です。届いてから、学校に通うのをとっても楽しみにしていました!

夏休み、お店に何度も日を分けて通いました。最初はパステルピンクやパープルを希望していた娘ですが、お姉さんが背負っている姿をみて、ブラウンに決めたのでした。持ち帰っていろんな人や保育園の先生に色を聞かれ、「大人っぽいね~」といわれると嬉しそうにしていました。

子供が好きな色だったので、喜んでいました。男っぽいかなと思いましたが、本人はシックで素敵だと気に入っているようで喜んでいました。

沢山のデザインや色があり、目移りして中々決まらなかったので、子どもの希望から二、三点に絞り、最終的に本人に決めさせました。

高学年になっても飽きない色で選んで欲しかったので、こどもに提案をするとすんなり受け入れ、今も気に入ってくれています。ちなみに、応募の写真は幼稚園のお友達と入学前のピカピカのランドセルと桜と記念撮影したく公園遊びついでに撮ったものです。小学校はみんなバラバラだけど、今でも大事な友達です。

本人は1年前から水色がいいといっていたので、色々な水色のものを探していましたが、あるお店で一目惚れでチェリーピンクになりました。あんなに頑なだったのに、出会いってあるんだなと思いました☆

他のランドセルとちがい、筆箱入れや傘いれがあり、形と色がかっこいいと即決。

大人気のメーカーだったため、受付開始とともに夫と携帯をフル稼働させて注文しました。受付開始10分後には完売してしまったので、大仕事でした。

いろんな色のランドセルを背負い、何度も何度も鏡を見ていました。

選び始めは“今好きな色”をと、紫を希望していましたが、6年生まで使うことを考えて~と、購入前半年かけてキャメル色に誘導しました。最後は大好きなお姉ちゃんと同じメーカーの、色違いで、セミオーダーなので個性も出て喜んでいました。

ランドセルいつ買う?いつ選びに行く?と心待ちにしており、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に買いに行きました。一目惚れのデザインを見つけ、家に届くまで毎日、ランドセルいつ来る?いつから背負っていい?と楽しみに待っていました。

紫色を購入しました、早く来ないかなと毎日届くのをすごく楽しみにしてました。早く一年生になりたいとわくわくてした。実際届いたランドセルを毎日駆らったりにこにこして見てました。

双子なので2人でずっと玄関の前に座って、まだ?まだ?と言っていました(笑)[br]兄2人がいるので、兄達が帰ってくると、ランドセルを2人で借りてからう練習をニコニコしながらしてたのを覚えています

こどもの好きな色と、親が希望する色やデザインがちがうことのほうが多いとおもうのですが、ある程度誘導しながらも自分が選んだっていう気持ちにさせたので、届いた時はとても嬉しそうにしていました。

ゴールドのランドセルが欲しいとずっと幼稚園の時から言っていたのですが、中々なく探しているとLiRiCoのランドセルにゴールドがあり即これがいい!と言ったので選び、届くまでに半年くらいかかったので毎日まだ?まだ?と言っていたので本当は入学式ギリギリまで開けたくなかったのですが届いたその日から頻繁にからってました!弟が僕も欲しいといじけて大変でしたがこのランドセルにしてよかったです!

最初は、キラキラした装飾があるランドセルを欲しがっていたのですが、実際に観に行くと、キラキラのランドセルではなく、シンプルなもので、色もキャメルを自分で選びました。2箇所回って、最終的に決める際も、全くブレることなくシンプルなキャメルを選んだので驚きました。周りからは、高学年になっても飽きなくて良いよ!と言われてドヤ顔になってました。

早い時期から下調べして、最初は水色やパープルを希望していた娘。実際に見に行ったら、一目惚れで赤に即決でした☆あとは、背負ってみたときの感覚も大事だったようで、実際に本人が気に入ったものにしました。

今大好きなどピンクにするか、親が素敵というキャメルにするか娘もずっと迷っていましたが、最終的には6年間からう娘の気持ちを第一優先にしました。娘は未だにキャメルも可愛いよね~と言ってますが、自分の気持ちを大事にしてもらって満足そうです。

購入して、そのまま持ち帰りました。入学まで何度も箱から出して眺めていました。

届いたランドセルが気に入り過ぎて、しばらく弟には触らせてあげませんでした。

色がいろいろありとても悩んでいました。購入したその日に持って帰れると思っていましたが、人気商品で取り寄せと言われ、楽しみにしていた分、ちょっと凹んでいました。

事前に販売店へ行き色んな種類があったのですが、息子の一目惚れで今のランドセルが決まりました。たまたま仲良しのお友達も同じランドセルで、より小学校に行くのが楽しみになったようでした。その子とはクラスも一緒で、入学式には双子と間違えられていました。笑

セミオーダーで、自分の好きな柄などを選べたので届くまですごく楽しみにしていた。

祖母からのプレゼントだったので、親が注文し、祖母宅に送ってもらい12月に直接手渡ししてもらいました。祖母も息子が大喜びする姿が見れて嬉しかったようです。その時の写真を入学後、お祝いのお食事に招いた際にアルバムに入れて贈りさらに喜ばれました。

ランドセルをネットで予約した次の日には、保育園でお友達や先生にどんなランドセルにしたかを自慢げに話していました。

在庫がたくさんあるうちにと早く買いに行ったけれど、到着までに時間がかかり自分が何を選んだか忘れていた。それでも気に入って使っているようだ。

毎日使うものなので慎重に考えました。ずっと使えるようにシンプルなデザインにしました。名前入りなので子供も喜んでいました!!みんな楽しみに待っていたので、届いてすぐ、桜と一緒に写真を撮りに行きました(^^)

選択肢が多いと迷ってしまうと思ったので、事前に主人と下見をして、候補を2択にして子供達に選ばせました。自分達で選んだランドセルなので、不満は全く無いみたいです。

夏の旅行にランドセル購入もプランに入れて、本店に買いに行きました。いい思い出になりました。

決めたランドセルを買って帰れると思っていたようですごく機嫌が悪くなりました。夏の早期予約だったのであと半年後と伝えるのが心苦しかったです。

初めは色、形、素材と非常に沢山あり、親が悩んでる間に本人が飽きてきました。でも最終的にお気に入りのランドセルを見つける事が出来て、沢山ランドセルを見に行った甲斐がありました!

Copyright (C) 2019 リトル・ママ All Rights Reserved.