2019年度 ラン活情報!

2019年度 ラン活情報!

現在のランドセルは、素材、色、デザインだけでなく、大きさや機能に至るまでバラエティに富み、選択肢が増えています。同時に、小売店やメーカーによる商戦も過熱しており、購入の早期化に拍車がかかっています。
そんな「ラン活」を乗り切るためのバイブルとして、この「ランドセル読本」をご活用いただければと思います。

現役小学生ママに聞きました!

※リトル・ママ「ランドセルアンケート」より、小学1年生~3年生ママの声を抜粋
ランドセル購入は成功?失敗?
成功42.9% 失敗57.1%

なんと半数以上のママが「購入に失敗した」と回答。
多かった理由は以下のようなものでした。

  • ①サイズが小さかった(38.1%)
  • ②軽いほうが良かった(29.8%)
  • ③色・デザインが気に入らない(24.9%)
使ってみて重要だと感じたこと(※複数回答可)
フックや金具 30.3%
軽さ 29.8%
丈夫さ 21.2%
大きさ 20.4%
ワンタッチの錠前 20.2%

軽さ、大きさ、丈夫さは、購入時に実物で確認することが大切です。
フックや金具、ワンタッチ錠前などのチェックも忘れずに!

POINT 1
ランドセルは、容量が大きいほうが良い?
失敗したと感じる方の4割近くが「サイズが小さかった」と回答しています。
小学校では、教科書の他にも、体操着や上履きなどの荷物があるため、「容量の大きいものが良かった」という意見が目立ちました。メーカーも大容量のものを主流にしつつあります。
POINT 2
子どもに重さの負担をかけないように!
購入後に「重かった・軽いほうが良かった」と感じた方が約3割。
教科書などは想像以上に重いもの。そのため、大容量ではあっても、体に負担をかけないよう、背中のクッションの厚みやベルトの位置など、実際に背負ってどう感じるかを確認したほうが良いでしょう。
POINT 3
ランドセルは、容量が大きいほうが良い?
使ってみて重要だと感じたことで、2割の方が「丈夫さ」を挙げています。
デザインや色に目を奪われがちですが、6年間使うものだから「多少乱暴に扱っても壊れない」「6年保証で安心できる」など、丈夫さや保証の有無を基準に選ぶことが大切です。

最新ランドセル 購入データ

※リトル・ママ調べ:2018年度入学予定のお子さまを持つママのアンケートデータより
だれが選んだ?
子ども76.8% 母親16.1% 父親6.7% 祖父母0.4%

売場でランドセルを選ぶのは子どもが7割超。

購入時期は?

購入時期は、7~8月がピーク!

どこで購入した?

約3割が量販店、インターネットが2割を超えるなど購入先は様々。

購入金額は?

購入金額は、4.5万円~6.5万円で7割超。

購入した色・素材は?
〈 色 〉
〈 素材 〉
人工皮革 83.9%
牛革 15.4%
コードバン 0.7%

男の子の7割が黒系、女の子は好みが分散。
素材は8割超が人工皮革。

購入時に重視した点は?(※複数回答可)

7割以上の方が、色、デザイン・カタチを重視して購入。

Copyright (C) 2017 リトル・ママ All Rights Reserved.