ランドセル購入の豆知識

ランドセル購入の豆知識

昨今の「ラン活」は過熱しすぎ?

4月の新学期が始まる頃、TVでは翌シーズンに向けたCMが流れ出し、量販店には新モデルが並びはじめ、ランドセル商戦がスタートします。

最近はSNSなどによる販促も活発で、「早く買わなきゃ」という消費者心理をあおる原因となっています。限定品や、人気の工房の商品は早々に販売終了となるケースもありますが、通常は年間を通じて購入可能です。ランドセルは色やデザインだけでなく、素材や大きさ、機能も様々。周囲に惑わされず、しっかり準備して納得のいくものを購入しましょう。

情報収集は早めに でも焦らず計画的に!

Step 1

方向性を決めてカタログ請求を

例えば、安心の品質・最新の機能を知りたい場合は大手メーカー、素材にこだわりたい場合は工房系など、気になるメーカーのホームページをチェックし、まずはカタログ請求を!

Step 2

子どもの希望と親のこだわりをすり合わせよう!

方向性が決まったら、子どもに親の視点を伝えながら、子どもの希望をヒアリングしてみましょう。

Step 3

希望をまとめよう!

色、素材、デザインだけでなく、欲しい機能や予算などもまとめましょう。そうすることでターゲットが絞られます。

Step 4

実物を見に行こう

展示会や百貨店、量販店などに足を運んで、実物をチェックしてみましょう。カタログでは分からなかった情報が得られます。

Step 5

子どもに背負わせて親子で納得のいくランドセルを選ぼう!

子どもは、その場の雰囲気に流されて決めることがあります。また、逆にあれこれ見ると答えが出せなくなることも。どの売場に連れて行くかを、事前に絞り込んでおくのがお勧めです。

小売店やメーカーごとに購入タイミングは様々!

大手メーカー

常に最先端のデザインや機能を採用。年間を通じて商品が供給されるため、購入時期にも余裕があります。

人気工房メーカー

高級素材、職人の手縫いなどのこだわりが特徴。数量に限りがあるため、人気商品は早々に完売することも。購入は工場直販や販売サイトなど。希望の方は要チェックです!

百貨店・量販店

百貨店は早期に売場展開がされていますが、限定商品は初期で完売することも。量販店では年間を通じて商品が供給されています。

その他

アパレルブランドのランドセルなどは、プレミアム感があるため人気も高く、早期完売する場合があります。

ランドセル素材の特徴

ランドセルに使われる素材は、主に以下の3つです。

コードバン

馬のお尻の革。光沢があり丈夫で、希少価値のある最高級素材。

牛革

丈夫さとしなやかさが特長。革ならではの高級な質感を持つ素材。

人工皮革

クラリーノなどの素材。軽量で丈夫、カラーバリエーションが豊富で価格も手頃。

ランドセルのパーツと名称

ランドセルは、およそ100~200のパーツからできています。
※メーカーによって各部位の名称が異なります。

Copyright (C) 2017 リトル・ママ All Rights Reserved.